スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

儒教とは何か

きょうの読書会のテーマ本『儒教とは何か』がなかなか面白かった。

儒教というと倫理道徳という印象しかなかったが、実は死と深く結びついた宗教で、表層の礼教性(社会規範、ひいては倫理道徳)と深層の宗教性の両方を持ち合わせていたらしい。

現代では、礼教性はほとんど完全に消滅したものの、宗教性の方は、仏教に取り入れられるなど、内面化して残っている、というのが興味深い。

たとえば、葬式の際に、故人の写真を仰ぎ、柩に向かって礼拝するのは儒教のマナーであって、仏教徒ならば本尊(またはそれを象徴化した掛軸)を拝むべき、と。

また、別れ花を入れたり、遺族が柩を持って出棺を行うときには、僧侶はいないが、それは本尊に対する読経が終われば、僧侶の役割は終わりで、そのあとは儒教的なものだからということのようだ。

ちなみに「清め塩」は儒教でも仏教でもなく神道につながっているそう。


最新の投稿

台北スタジオ訪問 ― Bikram Yoga(2013/1~6)

クラウド知能の裏切り ―2013年4~6月の夢

ロボットの叛逆

鰻のはなし 東と西と

アンデスの転落牛 ―2013年1~3月の夢

ダーウィンとミミズ ― 『ミミズの話』

ピェンローとコック・オ・ヴァンとレバークネーデル・ズッペ

宗教を生み出す本能

Bikram Yoga(2012/5~12)の実績と2013年の目標設定

ブータンの寺での修行 ―2012年10〜12月の夢